Z会「担任の先生制度」ありがたい

4月から始めたZ会の通信教育ですが、担任の先生制度があって、テストの採点やメッセージ書きなど全て同じ先生が書いてくれます。

通信教育がはじめての娘ですが、「担任の先生」は幼稚園や小学校で馴染んでいるので、通信でも同じようなことなんだなとイメージできたみたいです。

Z会のテスト

ほめてもらったのも、先に先生からのお手紙が来ていて”知っている感”があるので、嬉しさが大きいようです。「先生にまたテスト出さなあかんねー」と言ってました。

始める前はそんなに意識していなかったサービス(システム)なのですが、始めてみて、これは重要なことだったかもと気づきました。

担任の先生とのコミュニケーションは手紙のほかに電話も選ぶことができます!男の子とか直接のコミュニケーションを取るのが好きな子、話すことが好きな子は電話がいいと思います。もっと親近感ありますよね。

うちの娘は手紙を書いたりもらったりが好きなので、本人が「お手紙がいい」ということで選びましたが、電話も楽しそうだなぁと思っています。

担任の先生は1年ごとに変わるので、手紙か電話かも1年ごとに変えられるようです。

もれなくZ会の学習内容がわかる「教材見本」present!