子供の写真で作るカレンダー、作成ポイントまとめ

あっというまに年末に近づいてきましたね。
次の1年の準備として、子供の写真を使ったカレンダーを作ってみました。実際に作ってみると、けっこう大変で事前準備も必要なことがわかったので、作成についてのポイントをまとめたいと思います。

子供の写真で作るカレンダー

このカレンダーはFUJIFILMネットプリントサービスで申し込んで作ったカレンダーなのですが、最近は自宅のプリンターで簡単に作るキットも結構たくさんの種類が販売されてます♪(参考:サンワダイレクト>手作りカレンダーキットicon


カレンダー作成のポイント

1.人物がたくさん写っているほうが子供は喜んだ
子供の顔だけで構成するのもいいのですが、家族やお友達など、人がたくさん写った写真のほうが子供は喜びました。”思い出”として楽しめるのかもしれません。

2.屋外で撮った写真のほうがきれい!携帯でも大丈夫
カレンダーとなると、だいたい普段のプリントよりは大きく印刷すると思います。
やはり屋外で撮った写真は明るく撮れているので、迷ったときは屋外で撮った写真を選んだほうが見た目はきれいです。携帯で撮った写真でも屋外のものなら大きい印刷に耐えます。

3.写真の保存サイズが小さいなら、カレンダーも小さめが無難
保存サイズ・・・タテヨコの長さのことです。携帯電話でもデジカメでも、保存サイズが色々選べていると思います。
保存されている画像自体が小さいと、その画像を大きくしてしまうと荒くて汚くなります。

【参考】
A3サイズのカレンダーを作るときに推奨された写真のサイズは(長辺)2953×(短辺)2070ピクセル。
これはかなり大きいです。小さい写真を大きくしようとすると、ネット注文の場合はだいたい「写真が小さすぎてダメです」とエラーになるのですが、自宅プリントだと案外見逃しがちです。

カレンダー用など大きいサイズでプリントするなら、事前にデジカメの保存サイズのチェックをしておくとよいです。デジカメの取扱説明書に保存サイズをチェックする方法が書かれています。だいたいの機種ではメニューから選んで見ることができますよ。

子供の写真で作るカレンダー、作成してみた感想

カレンダーの制作をインターネットで申し込み、プロにプリントしてもらっても、A3サイズで2,000円~3,000円ほどです。
子供は思っている以上に喜ぶので、毎年の行事にしてみてもいいと思います。

大きなカレンダーでなくても、卓上サイズでも喜んでくれるのは同じ。
うちは玄関にかけて、来客に色々な写真を見てもらう用にしましたが、子供の机の前などもいいと思います。

カレンダーをみるたびに、誰かの笑顔がある。
小学校中学年くらいまでは、それが会話のきっかけになったり、情緒の発達になったり、するんじゃないかなと思います。(大きくなったら、子供に写真を撮ってもらって、それを使ってカレンダーにしてあげるといいかもですね。アイデアも広がります。)

カレンダープリントを頼むなら、フジフイルム

やっぱり写真がキレイ!
自動修正機能がついた自社開発のプリントなので、顔や色などを識別して自動補整してくれます。

無理やり小さい画像を使ったページも、かなりきれいにプリントされていました。
格安のプリントやカレンダー作成サービス、自宅でのプリントと比べて、紙の品質や補整が全く違うので、すごくきれいな仕上がりです。さすがフジフイルム、誰にあげても、どこに飾っても恥ずかしくないものに出来上がります。

富士フイルムネットプリントサービス

私はデジカメプリントも、昔から全部こちらです。
注文も簡単!わかりやすいので短時間でできます。

他と比べてほんとに写真が美しく仕上がるのと、色が変わらないとか耐久性もすごくいいです。(同じように見えて、会社によって結構違います)

▽11月の注文は早割りもありました▽
FUJIFILM ネットプリントサービス